Branding
ブランディングについて
Branding=
個性を見出し表示する。
  • 製品に限らず、企業やイベントなど様々なものがブランディングの対象になります。
    ブランディングをする最大の目的は、他社との差別化を図りブランドイメージの確立です。
    ブランドの認識を高めることで、製品の購買・サービス利用への目的意欲を高めます。
    製品に限らず、企業やイベントなど様々なものがブランディングの対象になります。ブランディングをする最大の目的は、他社との差別化を図りブランドイメージの確立です。ブランドの認識を高めることで、製品の購買・サービス利用への目的意欲を高めます。
I know now.
現状と向き合う
  • 商品ラインナップの精査
  • 商品の本質を明確化した
    太くて強い永く愛される商品へ
    商品の本質を明確化した太くて強い永く愛される商品へ

  • 利用シーンい適したカタチ利用シーンい適した
    カタチ
  • 職場や自宅、旅行やスポーツ、移動中等の
    使用する場面を想定した最適な形状
    職場や自宅、旅行やスポーツ、移動中等の使用する場面を想定した最適な形状
  • ターゲットを明確した商品開発ターゲットを明確した
    商品開発
  • 商品を主に利用する年齢層や性別、志向などを見据えた開発

ながく愛される商品Long Seller Item
ラインナップが多いとユーザーは選ぶ楽しみがあります。
トキとして迷いがあるからラインナップが増えているケースもあると考えます。
ラインアップを増やすためにはひとつひとつの商品力をキープすることが大前提です。
商品の軸が歪むとブランド全体が歪んでしまい、ユーザーへ不信感を与えてしまいます。
ニーズにあわせることも必要ですが、太く強い軸となる商品に育ていくことを重要視しながら、
新たな商品開発することがもっとも重要と考えます。
ラインナップが多いとユーザーは選ぶ楽しみがあります。トキとして迷いがあるからラインナップが増えているケースもあると考えます。ラインアップを増やすためにはひとつひとつの商品力をキープすることが大前提です。商品の軸が歪むとブランド全体が歪んでしまい、ユーザーへ不信感を与えてしまいます。ニーズにあわせることも必要ですが、太く強い軸となる商品に育ていくことを重要視しながら、新たな商品開発することがもっとも重要と考えます。
  • CASE1
  • ラインナップが多い商品
  • MERIT ▶︎ 選ぶ楽しみがある
  • DEMERIT ▶︎ 主力商品が不規則
  • 新規利用者

  • リピーター

  • CASE2
  • 使用用途が確立された商品
  • MERIT ▶︎ 安定した信頼感
  • DEMERIT ▶︎ 新鮮味がない
  • 新規利用者

  • リピーター

  • Scrutiny
  • 考えられる要素を精査する
  • 管理が確実に行き届く範囲で商品開発・販売を行う
  • ♯主力商品 ♯安定 ♯新商品の検討・開発
  • 主力商品を定期的に見直し、
    時代の流れやユーザーの需要を精査し、
    商品を変化・させる。
    主力商品を定期的に見直し、時代の流れやユーザーの需要を精査し、商品を変化・させる。
  • 時代の流れを見据え、新商品の開発も大事ですが、
    主力商品でリピーターへ応える事もとても重要課題です。

商品の個性をカタチにする
魅力のある商品の多数には、試行錯誤して開発した背景が備わっています。開発する時の思いは「喜んでもらいたい!」「ラクになってもらいたい!」などさまざまな想いを持つコトで、商品の開発をし、販売に繋がってます。そんな想いをわかりやすく表示すると同時に、商品の個性(魅力)を表示することで、商品のファンになってもらい、次にブランドのファンになってもらうことを目的とします。
Example
ブランディングできる商品・サービス代表例
笑顔になれる時間が増える商品
魅力のあるすべての商品にはある共通点があります。それは「笑顔になる時」です。食べ物でも、イベントでも、家電でも美味しかったり、楽しかったりする時は誰もが笑顔になります。そんな商品を創られてる方の商品をデザインと広告を通して、一人でも多くの方に笑顔になってもらえるサポートをさせていただきます。